2016年産米の収穫予想(7月31日現在)

PDF版はこちらから>>2016収穫予想


作柄(水稲)

全国作況100の「平年並み」
北海道~九州「平年並み」、沖縄「やや不良」

 本社では、各都道府県別の7月末までの気象データを、作況推計プログラムに投入して作況を予想しました(8月以降、収穫期まで天候が平年並みに推移した場合の予測値です。熊本地震による作業上の影響や今後予想される高温の影響は、直接反映していません。8月以降の天候経過によって上振れ・下振れの余地があり、確定的なものではありません)。

 2016年産(平成28年産)の水稲は、6月上・下旬及び7月下旬に一時的に低温や日照不足の時期があり、生育進度に一部遅れが見られるものの、田植期以降、おおむね天候に恵まれたことから、ほぼ順調に推移していると見込まれます。全国の作況指数は100の「平年並み」が予想されます。地帯別の作況指数は、北海道~九州まで99~101の「平年並み」、沖縄が97の「やや不良」が見込まれます。

 都道府県別にみると、作況指数102の「やや良」は、茨城、愛知、京都、奈良、和歌山の5府県、97~98の「やや不良」は、宮崎、沖縄の2県、99~101の「平年並み」はその他40都道府県がそれぞれ見込まれます。宮崎県は、早期米が4月、6月の日照不足等、沖縄の第一期稲は2~3月の低温・日照不足等の影響が見込まれます。

作付面積

水稲推計139万4千ha(主食用等)

 本年産米における主食用等の生産数量目標は743万トン(作付面積換算140万ha)、別途、需給均衡のための自主的取組参考値として735万トン(同139万ha)が計画されています。飼料用米など生産調整の取り組み状況や、各県等への聞き取りを踏まえて、本社としては主食用等の水稲作付面積を139万4千haと推計(変動する可能性がある)。なお、政府備蓄米、加工用米、新規需要米など生産調整の対象分は収穫予想から除外しています。

収穫量

主食用等741万4千トン、計画比1万6千トン減

 作況・作付予測に基づく本年産水稲の7月31日現在における主食用等の予想収穫量は、全国平均で10a当たり532kg、収穫量は741万4千トン。前年産実績比2万8千トン減、生産数量目標比1万6千トン減、自主的取組参考値比6万4千トン増-の見通しです。

 28/29年(平成28年7月から29年6月)における主食用米等の供給量は、28年6月末の在庫205万4千トン(農水省・速報値)と、上記の予想収穫量を加えて946万8千トンが見込まれます。農水省が基本指針で策定した需要量見通し761万3千トンを差し引くと、29年6月末の在庫は185万5千トンが見込まれます。今期より19万9千トン減となる計算ですが、過去3カ年、予定枠未達だったSBS輸入米の需要が復活する見通しで、その減少幅は圧縮する可能性が高くなっています。


 
 

(株)米穀データバンクに対する御意見・御要望、お問い合せは
ricedata@japan-rice.com までお願いします。

japan-rice.comに掲載の記事・図表の無断転載を禁止します。